[茂解説]Official髭男dismの宿命を視聴者さんからの質問に答えて解説

どもー!シゲルでーすっ!

このサイトは高音発声(特にミックスボイス)について色々と情報提供していますよぉ!!

記事に関しては【茂解説】【一般説】の2種類があり、コンセプトがちょこ〜っと違います。

【一般説】
この世の中に発信された様々な情報から、信憑性の高い物を集約して記事にしていただいたというパターン。
【茂解説】
シゲルの経験から思ったことを好き放題言いまくるといったパターン。

といった感じになっております。

どちらも面白いので是非ご覧くださーい!

はいどーも!シゲルでーっす!

今回はOffical男dism(オフィシャルヒゲダンディズム)の「宿命」という曲について話していきますよぉーぅ。

twitterのDM(ダイレクトメール)で質問をいただきましたのでお答えしていきますねぇーぃ。

シゲル
ちなみに僕は約10年間くらいかけてミックスボイスを才能が無いのに手に入れましたっちゅー人間っす。

こちらの動画でも話してるっすよ~。

 

目次

髭男の「宿命」にまつわる質問

文章を拝借させていただきました。この方がわかりやすいっすからねぇ〜。

視聴者からの質問(原文ママ)

またまたDM失礼します!

  1. 地声のミックスボイスが出せるようになった場合、裏声で出る音域よりも高い音が出せるのでしょうか。
  2. 今流行っている髭男の宿命などの高い部分が自分ではまだ裏声でしか出せません。それどころか声も小さく地声からの切り替えも上手くいかず音を外してしまいます。
  3. 髭男のボーカルの方は、たぶん地声のミックスボイスなのだと思いますが、その地声のミックスボイスが出せるようになれば、今、裏声でしか出せていない音域を綺麗に出せるようになるのでしょうか。
  4. また、その音の高さが出たとして、声量などはどうすれば大きくなるのでしょうか。

わかる範囲で良いので教えて下さい。よろしくお願いします。

シゲル
以前も質問してくれましてね。全然失礼じゃ無いですし、ありがとうございますって感じっす!

 

裏声よりも高い声が出せるの?

「地声のミックスボイスが出せるようになった場合、裏声で出る音域よりも高い音が出せるのでしょうか。」ってことなんすけど・・・。

 

ミックスボイスの定義をチェック

【地声のミックスボイス】と【裏声のミックスボイス】ってのがあるよーって僕はよくお伝えするんですけどそれと同じ認識かなって思うっす。

ミックスボイスの定義ってのは、地声の出し方と裏声の出し方って筋肉の使い方が違うので、それを混ぜた(ミックスさせた)ものがミックスボイスだよーっていうふうにお伝えしるんですわ。

地声のちょっと変化させたものと裏声のちょっと変化させたもの、みたいな感じで「どちらもあるよ!」と。

シゲル
多分それと似たような認識じゃないっすかねぇ〜。

関連記事:[茂解説]ミックスボイスとは一体何?できる人の特徴は?高音発声を調査!

 

裏声の方が高い音

高い音は裏声の方が高いっすね。ただ被る音域があるんすよ。

裏声をどんどん低くしてくと地声の高いところと被ってくるんですわ。

ミックスボイスを覚えてくると地声もどんどん高くなるんで裏声の低いところと地声の高いところの被る音域の幅がどんどん大きくなっていくっすよぉーぅ。

 

地声ミックスボイスが欲しい理由は

その時に何が起こるかっちゅーと、地声の方が声量がデカいんで地声でそのまま行かないとサビで強く出せないんですわ。

サビのまではワーっていって、一番高いところが極端に音が小さくなっちゃうんすよねぇ〜・・・。

音だけで見たら裏声の方が高いんすけど強い音【地声のミックスボイス】が出したいっすよねぇ〜!

シゲル
一応髭男の声は出ますよ僕は。twitterの固定ツイート見てもらえればわかると思うっすよぉーぅ。

 

地声ミックスボイス研究で感じる事

ちなみに地声のミックスボイスを僕がやってて感じることは、地声で出すのが辛いなーって思うのがだいたい高い「シ」からになってくると思うんすよね。

「シ・ド・レ・ミ」あたりが「高い! コレ出るの? 出るかちょっとわかんないよ・・・。」ってくらいの音域がけっこうハイトーンボーカリストが歌詞を入れ込んで使ってる音域なんですわ。

シゲル
それ以上の音域になるとけっこうロングトーンで伸ばしたりとかして歌詞が乗せづらくなってくるんすよぉ〜。

 

歌い手がスーパーハイトーンを出せる理由

歌い手さんとかはその上の音域でやってるっす。

なんでそれができるかっていうと、編集どうこうもあるんすけど【声量の違い】っすね。

明らかに歌手の方が声がデカい。じゃないとバンドサウンドに声帯が耐えられないんすよ。

シゲル
歌い手さん自体をディスってるわけじゃないっすよ。まぁそういう違いがあるんすよーってカンジっす。

 

プロが歌い手のような発声をしたら?

実は、プロの方が歌い手さんのような小さい声の出し方をすると歌い手さんのような事がみんな出来ちゃうっす。

だからハイトーンボーカリストの方は需要があったりするんすよねぇ〜。

シゲル
まぁ歌い手さんも鍛えたりやり方を知ってれば歌手みたいにハイトーンボーカリストとして世に出ていくことが出来る人もいるっすよぉーぅ。

 

高音が裏声でしか出せない・・・

「今流行ってる髭男dismの宿命などの高い部分が自分ではまだ裏声でしか出せません。それどころか声量も小さく地声からの切り替えも上手くいかず音を外してしまいます。」と。

 

裏声は【諸刃の剣】

そうなんすよ。コレが【裏声が諸刃の剣】と僕がよく言う理由なんですわ。

関連記事:[茂解説]日本でミックスボイスが上手い歌手は誰?やっぱ才能?

声量がそこだけ極端に小さくなるから地声からの切り替えが上手くいかなくて音を外してしまう・・・って感じなんすよね。

シゲル
ほんとは地声でも出せるんすよ。でも今裏声でしか出せませんよーってな事なので、裏声でやるとさっきの【被る音域の話】になってくるっす。

 

僕がミスった理由は【音域】

僕がさっき朝イチで歌ってみたら裏声すら出せなくてミスっちゃいました。

シゲル
なんでミスるかっつーと・・・。

【低い音域】で歌ってたんすよ。【もっと高い音域】だったら朝イチだろうとミスんないっす。

まだ体が温まってない状態だと声がスって消えちゃったりする、それくらい裏声にとってはデリケートな音域になるんすよ。

だからこそ本来そこはなるべく使わないようにするんすよね。

シゲル
歌手でその音域を裏声で使ってる人もいるっすよ。その時は宿命のサビのようにドーンと元気よく盛り上がる曲には基本使わないっすねぇ〜。

 

裏声を使う時のコツ

歌手の方々の歌聞いてても思うんすけどやっぱ裏声だと弱いっすね。絶対弱いからその数文字前から弱くしておくんすよ。

例えば、宿命のサビでいうと・・・

シゲル
宿命の歌詞、なんだったかな・・・

しゅくめ「い」ってやつを〜・・・のところの「い」の前を「しゅくめ」あたりから弱くするんですわ。

裏声を弱くして地声を合わせていくんすよ。

ただこのやり方は宿命の曲調に合わないっすよねぇ〜・・・。

シゲル
だからこそ宿命は裏声でやる曲ではないっちゅーワケなんですわぃ。

 

音外すくらいイイっすよぉーぅ

音を外すくらいは全然いいっす。

シゲル
僕なんて音すら出てなかったじゃないっすか(笑)

僕はミックスボイスがちゃんと出来るようになってるのに失敗するんすから、それは当たり前っす。

固定ツイート見て。アレが出来る僕でさえも裏声使うと簡単にミスるから!

シゲル
大丈夫。自信持ってちょーだいっ!

 

裏声の音域も綺麗に出せるようになる?

「髭男のボーカルの方は、たぶん地声のミックスボイスなのだと思いますが、その地声のミックスボイスが出せるようになれば、今、裏声でしか出せていない音域を綺麗に出せるようになるのでしょうか。」と。

シゲル
はい、そうっすよ。髭男のボーカル(藤原聡さん)は才能ですけど完全に地声のミックスボイスっすね。

 

裏声を使いたくなくなる

地声のミックスは出せるようになりますし地声のミックスボイスが出せるようになると基本その音域では裏声を使いたくなくなります。

裏声は失敗するし前後の調整が難しいから使いたくなくなるっす。

シゲル
むしろ原曲が裏声を使ってるような曲だとしても地声でいきたくなりがちっすねぇ〜。

 

それでも裏声が必要な理由

まぁ結局ハイトーンボーカルになったとしても曲調に合わせて裏声は使うんすけどね。

曲の表現しようとしてるものに合わせられないと【ボーカル】とは言えないっすから。

ただ地声でワーッと出すってだけだと自分のエゴになってしまうので、そこらへんは意識してくださいねぇーぃ。

シゲル
まぁ綺麗に出せますよって事っすよぉーぅ。

 

どうしたら声量が大きくなるの?

「また、その音の高さが出たとして、声量などはどうすれば大きくなるのでしょうか。」と。

髭男は普通のサビのところは「ド」くらいだったかな?

シゲル
あそこ歌いにくいんすよねぇ〜・・・。

 

【声量】を意識するのはまだ早い

まず【高さ】を意識したい時には【声量】についてはまだ先の方がいいです。

声量をいきなり出そうとするとできないんすよ。

まぁ答えとしては体の使い方で出せるようになるんですけど今お伝えするとやっちゃうから、絶対に。

確かに声量などは体の使い方を覚えていけば大きくなります。

ただココに関しては知識量が膨大なものになってくるんですわ。

だから今ここでお答えしても多分伝わらないでしょうし、まず大事なのは声量よりも【出すこと】っすよーって事っす。

シゲル
また出来るようになった後でお伝えしたらいいかなーと思っておりますよぉーぅ。

 

まずは欲しい音を出してみる

さっき歌い手さんの話したんすけど、まず出したいのであれば【一回音を出してみる】っていう体験が必要です。

どの音でもいいから一回音を出してみると自分も出るっていう経験を得られるんすよ。

何にも答えが無い、出るかどうかもわからないところを突き進んでいくよりも、出た後に「じゃあこいつを大きくしていこう。」ってやった方が絶対にモチベーション維持ができます。

ボイストレーナーの方はそうは言わないかもしれないっすけど、僕はそれでやってきたんですわ。

「当たってるんだったらなんか方法あるだろう。」ってやってみるんすよ。方法はありますから。

シゲル
あるんすけど、まず今そこにフォーカスするよりも【出してみる】っていうことの方が良いかと思いますよぉーぅ。

 

原曲通りやらない

その時に重要なのは原曲通りやらないっていう事っす。

シゲル
や ら な い っ す よ ぉ ー ぅ !

原曲通りっつーのは髭男のボーカルの完成形を目指してやるわけじゃないっすか。

彼の場合は声量もあるし、あの音域を苦もなく出してるんすよ。

プロってのは基本的に自分が出せる音域があって6〜7割の力でも出せるような状態でやります。

シゲル
じゃないとミスるじゃないっすか。

 

歌詞を届けるために歌う

自分の限界値に近いところでやるってのはあんま無いっす。なぜなら歌詞を届けるから。

あくまで「歌詞を届けるのが歌手の役目」であってハイトーンやミックスボイスってのは基本的に【武器】なんすよね。

他の歌手との差別化とか曲調よって「高い方が合うな。」とかあるのでそれを考えるとハイトーンが必要な時もあります。

歌手は自分ができる範囲内で出来ることを意識してやるんですわ。

ライブの映像見たんすけど、電子ピアノみたいなのを弾きながら歌ったりしてますよね。

あれは才能があるから出来るんすよ。だからそこに合わせていこうとするんではなくまずは出してみよう、と。

シゲル
まずは出してみましょうやーぃ。

 

才能は失うと対処できない

いろんなことを考えながらやっていくと取っても永く歌えますし、何か体に起こった時も対処ができます。

本当に才能がある人ってその才能を失った時に対処ができないんすよ。

シゲル
今まで出来ていたものができなくなってしまったよ、っていう感じっす・・・。

 

突然目が見えなくなったら?

例えば、目が普通に見えていたけど見えなくなってしまったよって時って対処できないじゃないっすか。

シゲル
まぁあんま例えが良くないっすけど、そんな感じっすね・・・。

 

声も対処ができなくなる?

声も対処できなくなってしまうんですわ。

だからこそ色々頑張って頑張っていくと何かちょっと自分にとっての障害が起きた時にも対処ができるっす。

シゲル
障害ってのは体のって事じゃなくて例えば加齢とかって事っすよぉーぅ。

 

経験していれば微調整できる

年齢を重ねて筋力がちょっと低下してきて声がちょっと低くなっても「加齢だからしょうがないね。」っていうんじゃなく。

「年齢を重ねて筋肉が衰えたってことはココがこうなってるからこうなってるのか。」

「じゃあ今の出し方は昔と違ってこういう風に出していくべきだよね。」っていうふうに簡単に微調整がどんどんできるようになってくるちゅーワケなんですわぃ。

シゲル
これは【経験】っす!

 

宿命ってこんな曲

シゲル
「宿命ってこんな曲だよ」ってのをさらっとお答えしていきまっせーぃ。
髭男dismの宿命を解説
  1. リズム
  2. 音域
  3. 高音域の母音

「リズム」「音域」「高音域の母音」でちょっと説明させていただきますねぇーい。

 

宿命の【リズム】

まず【リズム】。ミックスボイスを習得していないのであればちょっと難しいしミックスボイスを習得していたとしても難しいっす・・・。

シゲル
ちょっと難しいなぁ・・・って思いましたねぇ〜。

 

止めが入るから難しい

これ【止め】が入るから難しいんすよぉ〜。

初心者向けのリズムではないのでまだミックスボイスを習得していないよーって状態であるのであればこの曲リズムは難しいです。

シゲル
「初心者」ってのは音楽初心者とかではなく「ミックスボイス初心者」って事っすよぉーぅ。

 

音域を下げた練習は必要?

僕は「音域を下げて練習しなさい」とは言わないっす。

リズムを把握してこの曲を完璧にしたいよっていうのであれば「音を下げなさい」ってボイストレーナーの方が言うんでしょうけど。

「ミックスボイスを習得したい」ってのが【目的】なのであれば僕はそうは言わないかな。

シゲル
むしろ全部を練習しないでこの曲を歌おうとしているのか、それともミックスボイスを習得しようとしているのかで【目的】は変わってくるっすねぇ〜。

 

【目的】に合わせた練習を

この曲を習得しようとしているのであれば「キーを下げなさい」ってなるんすけど。

ミックスボイスを習得するためにこの曲で練習したいと言うのであれば「サビだけ練習しなさい」ってなります。

そこ以外はミックスボイスを使っていないのでね。

だからサビだけだったらまだそのリズムの難しさでもなんとか・・・って感じっす。

シゲル
まぁ最初はできないっすけどね。止めが入るんで難しいんすよぉ・・・。

 

しらスタさんが歌う宿命は・・・

YouTubeでボイストレーナーのしらスタさんが発信してる動画を見たんすけどあれを意識しちゃいけないっす。

声量がありすぎちゃってあの声の出し方で1曲歌いきることはできないと思うっす。

もし1曲歌っていたとしたら「後半大変そうだな・・・。」って歌い方になると思います。

聞いてる限りはそんな感じがしました。めちゃくちゃ声デカいんすよ。

今喉を痛めてるって事なんで以前だったらちょっと違うかもしれないっすけど、現状のあの動画を見たときは「あの感じで1曲歌いきるのはちょっと大変だな」って思いましたねぇ〜。

見ているのであれば参考程度にしないと最初は出来ないですよーって事でしたっ。

シゲル
あの人もすごい才能ありますんでね・・・。

 

宿命の【音域】

音域はちょっと高めなんすよ。高いドくらいだと思ったんだよなぁ。

シゲル
不思議なもんでもうちょっと上になるとちょっと楽になってきたり出しやすいんすけど、そこの音域が難しいんすよぉ・・・。

 

もっと高いと歌手も調整しだす

なぜかというと高くなってくると歌手の方も言葉とかをちょっと調整しだすんすよね。

シゲル
だからこそテンポがちょっと遅くなったりっていう兼ね合いもあって、もうちょっと上になってくると出しやすいところでもあるんすよぉーぅ。

 

ちょっと高い音域が難しい

でも高いドらへんって歌手はバンバンいける人が多いから、けっこうリズムも難しくやるんですわ。

シゲル
聞こえる言葉が「い」で聞こえるようなもので調整してくるっちゅーワケなんですわぃ。

 

ロングトーンの高い声は出しやすい

一番高いところ「アー」だか「ワー」だか言うところあるじゃないっすか。あそこの方が実は出しやすいっす。

高音はロングトーンで一つの文字で固定してバンッて出した方が出しやすいんですよ。

シゲル
音域は少し高め。「ちょっと高めだから出来るだろう」っていうよりも「ちょっと高めだから難しい!」ってのがこの曲、宿命でっす。

 

高音域の母音

高音域の母音に関しては難しい「い」を連発してやがる! っていう(笑)

シゲル
あえてやってるなってのがスゴいわかるんすけど、「い」は激ムズなんですわ・・・。

 

「い」は激ムズ!

「い」ってのは口から出る息の量が完全に制限されるんすよね。

口元が緩むことによって筋肉も緩むんで高音域を発声しづらい母音になります。

ただ声を出してみたいよーってのであればサビを違う母音「い」と「え」以外の母音(全部「あ」)だけで歌うとか、そういうので練習した方がいいっすよ。

シゲル
試してないからこの曲でどの母音がやりやすいかはわかんないっすけど・・・。音をまず出すってのがいいかもしれないっすねぇ〜。

 

息を出しすぎると出せない

最初は声が小さくてもいいんすよ。重要なのが息を出しすぎると出来ないっす。

ミックスボイス習得するにあたって言える事なんすけど、息出しすぎるとマジで出ないんすよ・・・。

シゲル
小さい声でいいし息も多く出しすぎないって事っす。

 

息の量はどのくらいがいいの?

息の量は大切で、多分ハイトーンボーカリストの方だったらある程度みんな言うと思いますよぉーぅ。

こういう話って抽象的だからあまりしたくないんすけど、ミックスボイスを使う時には筋肉の感覚的には息止まっちゃったような感覚でやったりするんすよ。

シゲル
・・・ちょっと意味わかんないでしょ?(笑)

 

嘔吐に近い力の入り方!?

たとえば車酔いでも二日酔いでも「うっ・・・」って嘔吐・リバースするような感覚で、ぐっと軟口蓋とかいろんなところに力が入った状態ってのが非常にミックスボイスに近い状態なんすよ実は・・・。

そういう感じで高音域の母音は息を出しすぎないようにやる、と。

ごめんなさい、なんかちゃんと答えになってないか・・・。

シゲル
まぁミックスボイスを出したいのであればとりあえず「あ」とかの母音でやってみる。「い」は使わない方がいいっすよぉーぅ。

 

話す時の「い」の形は歌に不向き

「い」だからって素直に「い」の口の形でやったら出ないってのがいずれわかるっすよ。

出るんだけど細くなったりする事があるんすよ。口の中の形は「い」だけど唇の形は「う」に近かったりいろんなことを音域によって試していくんですわ。

シゲル
聞こえる言葉が「い」で聞こえるようなもので調整してくるっちゅーワケなんですわぃ。

 

試行錯誤してくださいねぇ〜

シゲル
以上、ざっとこんな感じっすかねぇ〜。

またわからないところが絶対出てくると思うんで、その時はまた連絡くださいな。

ただなるべく自分の出来る限界値までやってみた方がいいっすよ。

まぁ今そう言う感じなんだと思うんすけど「もうこれ以上は無理だよ・・・。」ってな状態で連絡をいただきたいっす

なんで今この話が出たかっつーと、今お伝えしたことをやるのに時間かかるからっす。

シゲル
最初は声小さくでいいっすから「上手くいかないな、上手くいかないな・・・。」ってのを自分で試行錯誤してみてくださいねぇーぃ。

 

まとめ

シゲル
ちょっとわかりづらいところもあったかもしれないすけど、軽くまとめますねぇーぃ。

裏声の方が高い音域が出ます。ただ地声の方が太いし声量があるので地声で歌うことに基本になりますねぇ〜。

地声のミックスボイスができるようになれば今裏声でしか歌えていないところも当然歌えるようになるんで、まずは出す事にフォーカスしてみたらどうでしょう?

そのために「あ」とかで歌ってみたり息の量を調整したり、あとは息をぐっと吐いちゃう時の感じでやってみたり。

経験が大事なので当てたいのであればなるべく最初は小さい声でやってくださいな。

その後に声量を調整するための体の動きってのも覚えていけばいいんじゃないでしょうかーってカンジっす。

宿命は歌のレベルで言ったら激ムズ。ムズイ曲っすよ。

だからこそ「これを歌う」のではなく、「ミックスボイス習得であればサビだけ」やってみたらどうでしょうかねぇ〜って話でしたっ。

そんな感じで試してみてくださいねぇーぃ。

シゲル
また質問いただけるの楽しみにしていますよぉーぅ。

ではでは、ばいび〜!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です